家庭教師を生業とする中年男のつぶやき 日々の出来事を思うままに書いております。

とある事務員のおもしろ意見

経済

 今月1日に運行を開始したJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」など豪華列車や観光列車が続々と登場している。

投稿日:

 音楽プロデューサーの向谷実氏と鉄道ライターの杉山淳一氏が4日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、「空前の鉄道旅ブーム」をテーマに話し合った。 今月1日に運行を開始したJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」など豪華列車や観光列車が続々と登場している。

「鉄道旅」という言葉、どう考えても語呂悪いよな。「鉄道旅行」あるいは「鉄道の旅」だろ。かつては「汽車旅」と言ったがな。行ってみたい旅が増えた!鈍行で行くのも良いよね!後出し評論だな。
ボロい気道車の1人旅もいいですよ。気の向いた駅で降りたらいい。見所は自分で見つけるのです。こんな豪華客車の旅なんかつまらなそう
金余りシルバーからムシリ取るビジネスとしてはな。ただ、鉄道旅本来の醍醐味と言えば夜行普通客車で乗り合わせた人とコミュニケーションしたり、豪華ランチディナーではなく駅弁食ったり、列車の内装を見たり楽しんだりでなく、車窓の風景を見たり楽しんだりするもんだよ。典型的なブルジョア。列車に2泊3日で、100万近い金額。悪いことして、貯めてるんだろ。税務署は、徹底的に調査すべし。
国鉄末期から模索してたテーマが、ここにきて洗練されたものになった。そんな感じかな。今後は富裕層向けクルーズ列車のノウハウを活用して、庶民向けの「ちょっとだけ贅沢な長距離列車の旅」も手がけて欲しいですね。

-経済

Copyright© とある事務員のおもしろ意見 , 2017 AllRights Reserved.