家庭教師を生業とする中年男のつぶやき 日々の出来事を思うままに書いております。

とある事務員のおもしろ意見

スポーツ

 一方で、森脇は人種差別的な意図の有無については「なかった」と否定し、Jリーグも「確認できなかった」と説明した。

投稿日:

 【No Ball,No Life】 Jリーグのファン・サポーターはさぞかし失望しただろう。今年のゴールデンウイークはピッチ内外の不祥事、トラブルが噴出。「ナチス」「暴行」「差別」といったネガティブな文字が新聞やネット記事に踊った。

「勝ちたい気持ち」がなぜ相手への「臭い」発言に繋がるんだか分からない。人種差別的意図はなかった…たぶんそうだろうよ性根からそういう人は皆そう言うからさ浦和の選手・サポに、それを求めても・・・
この件は勝ちたい気持ちが原因で出てくる言動とは思えないのだが…勝ちたいーーーー!くせーーーー!ってなるのか?むしろ集中力切れてねえか?握手しなくてよい。こんな内容の会見ならば。
浦和いつだって被害者意識。Japanese onlyの時も、ツイートした槙野が悪い。ライダーキックの時も、アウェイ席を狭くした大宮運営が悪い。森脇騒動も、興梠の暴行を抗議に行った小笠原が悪い。たぶん、その言葉がどんなに深く人を傷つけるのかが、分かってないただ「こんな事を言うと、あいつらを侮辱することになるらしい」くらいの認識で発した言葉だと思う根本的に理解できてない、つまり未熟なのだと思う
浦和から去ってくれ。

-スポーツ

Copyright© とある事務員のおもしろ意見 , 2017 AllRights Reserved.