家庭教師を生業とする中年男のつぶやき 日々の出来事を思うままに書いております。

とある事務員のおもしろ意見

雑誌総合

トマホークの最大射程は3000km。

投稿日:

安倍政権内でアメリカの巡航ミサイル「トマホーク」を導入すべし、との声が高まっている。北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するためには、発射されたミサイルを迎撃する「PAC3」だけではダメで、発射拠点を先に破壊する「敵基地攻撃能力」が欠かせないというのだ。

じゃ、日本人はミサイルを多数撃ち込まれてシネというのか?
というか究極的には核に対する抑止は核しかないと思う。今敵基地攻撃能力を持ったところで相手のミサイルを100%迎撃できないし、基地を全て破壊するのも難しい。
それなら偵察衛星も打ち上げ、制度の良い、より強力なミサイルを開発し、攻撃力を増した方が良いって事?コケ脅しであろうが、出来る事から順番にやっていかないと、他国が日本を攻撃すると宣言しても、抗議と遺憾の意で反撃するだけで良いのか?核武装すべし。これは、完全に中国や北の立場に立った反日週刊誌ですね。「こけおどしに過ぎない」って、抑止効果があると言う事。朝日や東京新聞が嫌がると言う事も抑止力を示す。十分とは言えないが、其れで良い。
固定された目標だけでも壊せれば被害は減る。導入すべし大丈夫です、誤射したトマホークが平壌に落ちる可能性もある。
別に発射寸前のミサイルを狙う必要はない。固定式発射台で何日も準備してるのは、実験用の一点モノ。移動式発射台から同時攻撃受けて、日本国民に被害が出たときに、報復として将軍様の家に撃ち込むためのトマホークだよ。ハープーンでも代用できるらしいけど。

-雑誌総合

Copyright© とある事務員のおもしろ意見 , 2017 AllRights Reserved.